社員インタビュー

  1. HOME
  2. 社員インタビュー
  3. リテール本部 リテールマネジメント事業部 T.Yさん

物件の価値を
最大化するために
これまでのノウハウを
活用し、
チャレンジを続ける

リテール本部 リテールマネジメント事業部

T.Yさん (2016年入社)

 

主な担当業務

日本リテールファンド投資法人(JRF)が所有する物件のアセットマネージャー(AM)として、リーシングやリニューアルを担当。主幹物件の1つである「川崎ルフロン」では、物件の通常運用からリニューアル迄、すべてを担っています。

ある1日のスケジュール

  • 9:15

    出社

    メールを確認し1日のスケジュール・タスクを把握するとともに、業界の動きをチェックする。

  • 9:30

    デスクワーク

    担当物件のAMとしての業務対応。

  • 10:00

    テナント面談(来社)

    取引のないテナントと新規面談。情報交換や物件の紹介を行う。

  • 11:00

    デスクワーク

    川崎ルフロンのリニューアル業務に関するデスクワーク。

  • 11:30

    六本木へ移動 & ランチ

  • 13:00

    テナント訪問

    新たに契約予定のテナントと契約関連の商談。出店にあたり、経済条件や出店時期などの協議を行う。

  • 14:30

    打合せ

    PMと水族館の入居に関する工事の打合せ。タワークレーンによる近隣協議や工事・維持管理区分に関する協議。

  • 15:00

    川崎ルフロン月次定例

    PMと川崎ルフロンの月次定例を実施。先月の物件に関する運営報告を受け、次月以降の施策内容の協議を実施。

  • 17:30

    物件巡回

    川崎ルフロンのリニューアル工事の進捗や現場確認。指摘事項は、ゼネコンに改修指示を行う。

  • 18:30

    直帰

なぜMCUBSへ入社しようと思いましたか?

前職では2010年に不動産総合業の会社に入社し、不動産管理業務に従事していました。そこでMCUBSと取引があり、業務を一緒にする機会がありました。そこで不動産ファンド業界とMCUBSの成長性や挑戦していく姿勢に興味をもちました。2016年に転職をすることを決意し、MCUBSに入社しました。
前職では商業施設運営を行っており、MCUBSでは商業施設特化型ファンドで資産規模がある日本リテールファンド投資法人(JRF)の業務を行っているリテール本部であれば過去の経験を活かすことができると考え選択しました。

イメージ

入社する前と後での印象の変化はありましたか?

イメージ

なんといっても仕事の領域の広さですね。驚いたのは予実管理や物件の利回り向上を行うにおいて、アセットマネージャー(AM)としての領域だけでなくPMの業務領域にも視野を広げ、より良い施策はないかとAM主導で検討を行っていることです。テナントとのリレーションでも、他の資産運用会社では、運営や賃貸仲介会社に全て委託していることが多いですが、MCUBSは積極的に既存テナントとの関係構築や新たな業態の発掘などを組織的に行っており、商業業界との距離が近いという強さを感じました。

担当業務のやりがいを教えてください

JRFは「人が集まる立地」をコア資産として運用していることもあり、新たなテナントの誘致やプロモーション、リニューアルなどを含めた挑戦を行うことが可能です。私が担当する「川崎ルフロン」では水族館の誘致に成功しましたが、既存の商業施設での誘致することは日本初となりました。こうした施策では利回りの向上が前提となります。難しい場面もありますが、チャレンジを掲げるJRFの方針に則り、今まで培ってきた運営力を活かして新しい価値を生み出すことに大きなやりがいを感じます。

イメージ

仕事の進め方を教えてください

イメージ

MCUBSは様々な職歴の人が存在します。担当物件の資産規模を最大化するために、同僚やリテール本部以外からも意見を求めながら業務を行うようにしています。私が現在担当している物件のリニューアルは投資額も大きく、分配金に影響を及ぼす可能性があるため、情報の共有に注意しながら業務を進めています。
テナントリーシングに関しては、外部より積極的に情報を仕入れ、テナント訪問などの外回りを欠かさないようにし、商環境の変化を感じるようにしています。

イメージ

職場環境について教えてください

イメージ

ひと言でいうと、風通しの良い会社です。様々な年代や職歴の社員が集まっていますが、それぞれが役職にとらわれず、自身の業務に打ち込んでいますね。社員は自分の役割に責任感を持ち、互いに高め合うことで会社全体の業務レベルを向上させていく環境だと感じています。

今後取り組んでみたい
業務将来の目標

現在は既存の商業施設の大規模リニューアルを行っていますが、今後はコア資産のうち「日本を代表する商業地」であるプライムエリアのポートフォリオのRNなどに取り組んでみたいですね。建替えなどや新築など、ゼロからのスタートを検討するプロジェクトにも挑戦していきたいです。