社員インタビュー

  1. HOME
  2. 社員インタビュー
  3. オフィス本部投資部 M.Mさん×インダストリアル本部投資部 J.Kさん

DISCUSSION

不動産のプロフェッショナル集団は、
堅いチームワークで未来に挑戦し続ける

 
M.Mさん

オフィス本部 投資部
M.Mさん (2013年入社)

2013年、大手不動産会社から転職。
MCUBS MidCity投資法人向けにオフィスとホテルを取得する業務を担当している。

J.Kさん

インダストリアル本部 投資部
J.Kさん (2012年入社)

2012年入社。大手不動産会社から転職。
産業ファンド投資法人向けに工場や研究所など、産業用不動産を取得する業務を担当している。

現在の担当業務は?

M.M

私は現在オフィス本部の投資部で、オフィスをメインとしてその他にホテルを取得する業務を担当しています。オフィスやホテルは当社と同じ不動産を扱うプロから買うことが多いため、価格やその他条件はもとより取引先との信頼関係も重要になってきますね。仕事では取引先のもとに何度も足を運び、売却ニーズを獲得するスタイルです。

J.K

私もMさんと同じ不動産取得業務ですが、領域が異なります。私が所属するインダストリアル本部の投資部で扱うのは工場や研究所などの産業用不動産なので、それらを保有する製造業などが主な顧客になります。
交渉のポイントは、資産の売却を通じて顧客の財務面や事業面にどんなメリットを見出すことができるかです。顧客のニーズに応じて様々な提案を行うので、ざっくりと言うとコンサルに近いスタイルだと思います。種蒔きから契約まで数年かかることもあります。

仕事にやりがいを感じるのはどんなとき?

J.K

最もやりがいを感じるのは、顧客の事業や財務ニーズを解決し、物件を取得できたときですね。不動産の売買は数十億から時には百億円単位の大きな取引となります。また、売買がプレスリリースとして開示されることもあるため、社会的なインパクトが大きい仕事に携わっていると感じられることがモチベーションになっています。

M.M

私も同じで物件を取得できたときですね。当社に入社して初めて物件を取得したときは非常に嬉しかったことを今でも覚えています。今の私の役割は、将来性のある物件を取得し、投資家の皆様に貢献することです。一つひとつ実績を積み重ねることで、取得担当者としての仕事の幅が広がっています。

他部署の経験は、現在の仕事に活きていますか?

M.M

私は入社当初リテール本部で商業施設の取得を3年程度担当し、その後財務部に異動となりました。財務部に異動が決まったときは、恥ずかしながら「財務って何?」と思うほど知識や経験がありませんでした。でも財務に携わったことで得た財務・金融に関する知見や金融機関の皆様とのリレーションは、物件取得にかなり役立っています。特に、金融機関の皆様との協業により、これまでアプローチできなかった一般事業会社にも足を運ぶことができ、物件ソーシングの手段を増やすことができました。

J.K

私は入社して投資家から資金を募るファンド企画部に4年間所属し、その後現在の投資部に異動して4年になります。最初のファンド企画部で得たものは大きかったと思います。当社のような資産運用会社の場合、不動産を取得する業務にも投資家の視点は欠かせません。物件の選定に際して、投資部の目線だけではなく、様々な方向から物件を評価する目を養うことができたと思います。

三菱商事・ユービーエス・リアルティはどんな会社?

M.M

不動産のプロ集団だと思います。プロフェッショナルは個人プレーだと誤解する人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。私は4名のチームに所属していますが、お互いに相手の業務を尊重しつつも、チームで課題に向き合い一つひとつ乗り越えながら仕事を進めています。年齢の異なる、多種多様なバックグラウンドを持つ人が集まっていますが、みんな仕事で目指すベクトルは一緒なので働きやすいです。

J.K

チームプレーがあるのは安心ですよね。先ほども申しましたが不動産取引は金額が大きいため交渉もシビアな面がありますし、契約書やデューデリジェンスの内容も多岐にわたります。そういった中で、社内の建築、法務、会計など各分野の専門知識を持ったメンバーと連携しながら取引を進められるのは心強く、やりがいでもあります。
一方で、私も三菱商事・ユービーエス・リアルティはプロ集団だと思いますが、若手も尊重されていると思います。新入りだからといって資料作成ばかりということはなく、早い段階から上席と同行しながら、交渉の場などフロントの業務を体験できます。

M.M

上司との距離が近く、学びやすい環境や相談しやすい雰囲気があるからかもしれませんね。

J.K

社員数も150名程度なのでおおよその社員の顔や名前が把握でき、そういう意味では風通しがよい組織でもあると思います。

今後の目標は?

M.M

財務から物件取得に戻ったばかりなので、しばらくは今の仕事に没頭したいですね。ただ今感じているのは後進の育成です。私自身が中堅になって、先輩が私に教えてくれたことを後輩にしっかり伝えていきたいと考えています。

J.K

今の部署に所属して4年が経ちますが、まだまだ学ぶことは多いですね。でもそのことが仕事のモチベーションにもなっています。将来はファンド企画と不動産取得の両方の経験を活かして業務に取り組んでいきたいと考えています。

これから入社する方へのメッセージは?

M.M

当社を検討頂いている方の中には知識や経験に不安を感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、チームメンバーのフォローもありますし、仕事に対する前向きな姿勢があれば十分活躍できる環境だと思います。

J.K

当社は、設立して今年で20年になるため安定した基盤がある一方で、他社とは違う、新しいことをやろうというユニークさもあると思います。しっかりした基盤があるからこそ、大きなチャレンジもできると思いますので、興味を持った方がいればぜひ話を聞きに来て頂きたいと思います。